テレクラ,テレホンクラブ,テレフォンクラブ,リンリンハウス

テレクラ ツイッター
メニュー
テレクラ トップ
テレクラとは
テレクラ 店舗情報
テレクラ 体験談
テレクラ カード情報
テレクラ コース情報
テレクラ 最新情報
テレクラ 求人情報
テレクラ メルマガ
ライン
「初投稿」 投稿者: 投稿日:2018/09/01(土) 07:50 No.13941
本日10時から13時ごろまで新小岩リン行きます、良い人いたらいいな。
「蔵好きさんへ」 投稿者:アワワ 投稿日:2018/09/01(土) 02:58 No.13940
なんだかブラザーかと思いましたがベージュのパンストは違ってました
残念と云うか ホッ?? ですね 笑い
「ハルク」 投稿者:初です 投稿日:2018/08/31(金) 23:19 No.13939
せんげん台は、やはりハルクでしたか。
実は、声に誘われて店を出てしまい、初めの電話では錦糸町を指定して来たので錦糸町まで行ってしまったのです。
しかし、途中から電話がかかって来て(番号交換してしまい、確かに080で始まる番号でした。)ショートメールしたのに見てないのか、と言われ確認しても来ていない。
たまたまなのか届いていなく、用件を聞いたら「せんげん台に来てくれと送った」と言われました。
その時に以前体験談で読んだ「ハルク、せんげん台」のキーワードを思い出し、もう一度、こちらかろ電話をして「確認したいことがある。会うのはいいけど☆キリなの?」と聞いたら「そうだ」というので、それはやらないと答えたところ、「じゃ、結構です」と言われ、難を逃れたのです。
皆さんの書き込みのお陰で地獄を見ないで済みました。
「たかしさんえ」 投稿者: 投稿日:2018/08/31(金) 21:19 No.13938
吊り上げ女だったかは分からないけど、被害にあわれなくて良かったですね。
「てつさんえ」 投稿者: 投稿日:2018/08/31(金) 21:13 No.13937
被害にあわれなくて良かったですね。 怪しいなと思ったら断るのが1番ですよ。
「よしさんの件に」 投稿者:くら 好き 投稿日:2018/08/31(金) 17:42 No.13936
私も全く同意します。まあまあ皆さん
最初だけお願いがを 、、でね。私の安全の為に、そして次からの為にもなどと
のたうちまわりやがるよ。デブスかどうかは人それぞれでしょうが私はマスク女はほぼお断りしています??写真とまるで別人だし会えば分かるのにひどいよね。私は渋谷には行かないし五反田も避けています。
池袋で会った人が1人だけストライクで今でも2ヶ月から3ヶ月に一度お会いしています。私の好きなベージュパンスト脚とワンピースや仕事帰りはスーツ姿と大人の綺麗な少しエロい下着で来てくれます。私のようなジジイには過ぎた方です。兄弟がいても構いませんよと、私は彼女には話していますし、他人の奥さんだからね。
大事に出来る方が1人でもいればいいですよね。
「PCMAXはでぶすばかり。」 投稿者:ヨシ 投稿日:2018/08/31(金) 15:52 No.13935
PCMAXは最近でぶすばかり。条件は保障のため2★円預けてください。会うとぶす。どうしようもない。特に五反田やky足はひどすぎる。ただ1名だけかわいい子がいて月一で会っている。★吉一枚かかるが会うと即ナマフェラ生クンニして生挿入で来て生中出しできる、ここ子だけは」絶対に離さないつもり。可愛い子ですよ32歳の人妻
「吊り上げ嬢」 投稿者:たかし 投稿日:2018/08/31(金) 14:10 No.13934
今、日暮里です。さっき自称31才人妻で色白面長化粧濃い目のホクロいっぱい嬢と面接。そこそこいい女でしたが、『吊り上げ嬢』かな?と思い御断りしてきました(笑)
倉嬢にしては上物ですね!すぐ獲物は見つかるんでしょうね?
「コウシロウ様へ」 投稿者: 投稿日:2018/08/31(金) 13:25 No.13933
コウシロウ様へさっそくの返事ありがとうございます。危ない人は少ないみたいですね、頑張って北リンにおじゃましようと思います良ければ、皆さん楽しくリンリンハウスに行きいろんな女性お待ちしています。
「復讐するは我にあり・・」 投稿者:ミナミの帝王 投稿日:2018/08/31(金) 12:25 No.13932
浜の小魔人さん、バットマンさん、千葉県民さん、励ましありがとう。
人妻の性/初詣の続きです
それから・・
良い年は、半年後に巡りきて再びストーリーは始まりました。
スーパーでの買い物の途中を見かけました。
鳳大社の初詣での出会いといい、やはり同じ生活圏内なのでしょうか、それは当然で有りうる出来事だと思われます。
しかし、ここで声をかけるのは野暮でありテレクラ道の禁じ手と思われ声もかけずにやり過ごしました。
自然消滅していたのだが、2~3日経ってみると鬼畜の心にまた昔の事が思い出されムラムラときて、大久保清に変身しました。
電話をかけると旦那が転勤になり今は東京に居るのでもう逢えないと・・
この見え透いた嘘が鬼畜に再び火を点けました。
自分で言うのは可笑しいけど、私は普段は穏やかで優しい性格なのですがこのような、人を小馬鹿にする、される行為にはもう勘弁ならぬ、激怒・憤激・容赦しないと・・ 
『復讐するは我にあり・・』地獄の閻魔様は燃えさかりその怒りは怒髪天を突くような気持ちとなりました。
くそ、絶対に地獄に落としてやると・・
数日後スーパーにて捕獲する。
東京に居るのではないのかと?
驚いた表情は想像ドウリなのだが、私の品がなくなるのでここでは割愛します。
このような時にはクドクド言わない事が肝心なのです。
『木曜日、市役所前で待つから、ノーパンで来い』と告げました。
以前木曜日に約束したことを思い出しこの日なら確実に空いている。寡黙で身近なセンテンスがこの際は有効なのです。
これが不気味なのです。これが攻略の作戦プロジェクトXなのです。
過去に秘密を共有した仲、ノーパンというワードは確実に心の闇に潜む背徳感と女芯に届きその響きは快感を再び呼び起こすのには十分な呼び水の材料で在ったかのようにやって来ました。やって来ました。
内心、髑髏マークが点滅、点滅・・
今回は容赦しない、めちゃめちゃ性奴隷へ貶める為のSMの設備の有る泉大津のホテルでの完全なる調教、飼育の作戦計画は巧緻を尽くして練り上げました。
まず洗面台に手をつかせバックからスカートを手繰りあげた時、約束したようにグンゼの白パンは無くクレパスは程好くヌメッテ卑猥に早くと誘っているようだ。
この女一見清楚な主婦を装っているがやはりスケベ―のヤリマンなのだ。しかし、ここで力攻めをするといきなりの暴発では身が持たない。今日はロングランでの見せしめの調教をしなければならないなのだ。
ホテルの、SM調教台のXの磔台に拘束し若い娘には無理だがこの人妻ならではと用意した大きめのバイブやおもちゃを総動員して思い切り抜き差しした。
以前はそれなりに可愛く思え大切に扱っていたのだがもうこの際容赦はいらないのだ。凌辱は続いた・・
次に四つん這いにして、前の手を後ろ脚にタオルで縛りバイブと他人棒で代わるがわる抜き差しし交代で犯しに犯した。
今日は、挑戦的な眼で私を睨みつけている。
この経緯ではこのようにして進むのは仕方ない。相手様も人を馬鹿にした自分の浅はかな、行い、瑕疵のために今このような状況になっているの仕方ないと分かっているようだ。
調子に乗った鬼畜は、剃毛すると風呂場に連れて行きました。それを拒むので交換条件で飲尿をさせました。完全に堕ちました。完堕ちです。
それからいろいろな体位を試みるが考えてみるとこの人妻とは何故かしらバックの体位に落ち着くのである。そのピストンを愉しむかのように一番に声と身体のレスポンスが良いのである。
私の名刀が(そんなに上等ではないが)ピッタリとフィットしてか反応が異常なのです。突くと密着し引くと収縮し雁が程好く引っ掛かるのです。
自分もこれが感じるゆえにこの女はバックが好きなのかもしれない。昔競馬仲間で、ハイセイコーで勝って背性交をしようというフレーズが懐かしく思われました。例えが古いです、今は誰も知りません。すみません。
何故バックが好きなのが分かりました。
事の実情の結論は旦那さんがとても知的な紳士な人(大学教授)でしかも淡泊でこのような動物的な体位はけっして今までして貰った事がないからというのが事の真相でした。
確かに私の抜き身(他人棒〉がそれほど名刀ではないのは判っていました。
納得。納得。了解。了解。
主婦にとっては、バックはある種、昭和の不倫の伝説の匂いがする野生の動物のようで最も興奮する体位なのかもしれない。
続いてのお掃除フェラ、びっくりしました。
普通の主婦がそこまでするかと、
そしてもうおしまいと思っていたのだが、
これが甘かった。
さらに、まだできる、まだできますとバキュームフェラでの勃起の催促・・
この人妻は中年になって開発されて目覚めたのかスイッチが入ったらもう止まらないようなのです。
私は清楚という言葉を誤解していたようです。反省。
これではもう身が持たないと思い、この話を盟友に話をして引き取って貰うように相談し放流しました。
男と女の間に横たわる長い川それは誤解と言う川なのだろうか?
牽牛と織女を引き裂いたのは天の川?
私は清楚と言う言葉を誤解したのが事の始まりだったように思うのです。
今から思うと、奥様は魔女だったのかもしれない・・
私の激怒はこの程度なのです。
トホホ
長い文章ですみませんでした。 
  ー完ー

TOP  テレクラとは  店舗紹介  体験談  カードメニュー  コースのご案内  新着情報  求人  メルマガ  LINK
Copyright(c) 2008-2018 rinrinhouse All Right Reserved.